包茎とゼファルリン

ゼファルリンを活用

通常、子どもの頃のペニスは鬼頭が包皮に囲まれた状態にあります。
この時、鬼頭と包皮とが引っ付いた状態になっていますが、成長と共に包皮がペニスの付け根の方へ引っ張られ
自然と鬼頭が出てくるようになります。ただし、正常に包皮がめくれなければ
鬼頭は隠れたままの状態になってしまいます。このような状態を包茎といいます。
包茎には、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎とがあります。見た目の問題だけではなく
包皮が覆いかぶさっている分、不潔になりやすく
さまざまな病気を招く危険性があるため、清潔に保つことが大切です。
トップページ

原因を解明

包茎は早漏の原因になるとも言われています。早漏とは本人の意志よりも早く
射精してしまうことで、原因の一つとしてペニスの先が刺激に弱いことが考えられます。
また、包茎の場合、包皮内に垢が溜まりやすくなるのが問題点として挙げられます。
赤ちゃんや子どもの垢は親が取り除いてあげるのが普通ですが、大人になると自分自身で取るしかありません。
垢から悪臭が発生するだけではなく、ウイルスが潜んでいる危険性があります。
そのため、性行為を行った場合、パートナーである女性の子宮がん発症率が高まるとも言われています。
女性の立場として、パートナーの男性が陰茎を清潔にしているかどうかを確認しておくと安心ですね。
またゼファルリンを活用することで、意外に今の問題をクリアにできるかも?